2013年08月19日

恋愛における男女の役割、男女の違い、について改めて認識することができた

【名前(仮名可)】
 かこ
【年齢】
 37
【都道府県】
 その他
【感想】
 素直が一番、本当に好きな人とは何も戦略的に考える必要なんかない、打てば響く、
というようなアドバイスを友人から受けてきましたし、実際そうやって結婚相手を見つけた友人が何人かいます。
わたしは素直ではなく、あれこれ分析癖があるので、だからいままで結婚できないのだと
思ってきました。
でも、今回如月さんのレポートを読み、素直に思いのまま行動することは
必ずしも正しく最善の方法ではないのだと、考えるようになりました。
また、それが理由で自分が恋愛に恵まれてこなかった訳ではないのだと。
恋愛における男女の役割、男女の違い、について改めて認識することができた、
のは自分にとって大きな変化です。
また、変化というよりも、気づきに近いかもしれませんが、
素直に行動できないから恋愛べただったのではなく、
ー相手に与えすぎていた(それが愛情表現の一番の方法だと思っていた)、
ー自分が思うことを言葉に出して言っていなかった(男心を理解していなかった)
のだと分かりました。
これからは、まず、相手に合わせて与え続けることをやめます。
不倫も含め、自分に本気ではない男性と恋愛に発展することはやめます。
自分の本質を見つめ直すことに集中します。
過去の失敗が、自分に自信ないからだったとすると
(私は見た目も普通、痩せ気味、国立大卒、性格は明るくよく笑う、のですが)、
まずは自分の本質を見極め、何が本当に欲しいかが分からないと、
愛される恋愛を求めることすらできないのだと理解しました。ありがとうございました。
特に、男性の本音の暴露の章は、ある意味、知っていたけど認めたくなかった内容、
コメントが多々あり、とても興味深く読みました。これから頑張りたいと思います。

posted by 如月えりか at 12:00| Comment(0) | 教材:好きな人に愛される秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。